スポーツ

橋岡優輝(陸上)の出身中学・高校・大学はどこ?いとこはJリーガー?

来年2021年は、オリンピック開催ですね。

いろんなスポーツ選手に注目が集まる中、陸上の走り幅跳びの橋岡優輝選手がイケメンだと話題になっていますね!

清潔感がある雰囲気にシャープな顔立ち…よく見れば横浜流星さんに似ていると恋しちゃっているひともいるんではないですか?

さらに、橋岡優輝選手のいとこが、Jリーガーという話題もきになるところです!

この記事では、『走り幅跳びの橋岡優輝の出身中学・高校・大学はどこ?いとこはJリーガー?』というこで、調査してご紹介しますね!

橋岡優輝(陸上走り幅跳び)の出身中学・高校・大学はどこ?

橋岡優輝のプロフィール

まずは、橋岡優輝さんのプロフィールを見てみましょう!


(出典 kanna1001.com)
  • 名前:橋岡優輝(はしおか ゆうき)
  • 生年月日:1999年01月23日生まれ
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:183cm
  • 体重:77kg
  • 種目:陸上 走り幅跳び
  • 家族:両親

橋岡優輝の中学の頃

橋岡優輝選手は、埼玉県さいたま市立岸中学校出身

中学時代は、陸上の種目は100mから始め、中学三年生の時には、四種競技で全中3位となったんです。

橋岡優輝の高校は?

橋岡優輝選手は八王子学園八王子高校出身

埼玉県から、家族で東京に引っ越しして、八王子高校に進学。

八王子高校には、アスリートコースがあるんですが、アスリートコースには入らず、一般のコースに入って勉強と陸上を両立したとのこと。

元オリンピアンの叔父の渡邉大輔

この八王子高校には、彼の叔父であり走り幅跳びでオリンピックに出場した渡邉大輔が、陸上競技部の顧問であったため、高校からは、走幅跳に集中して、その能力を開花させたようです。

そして、高校三年生の時には、【インターハイ】【国民体育大会】【日本ジュニア陸上競技選手権大会】すべてを制し、『高校三冠』を達成して注目をあつめました。

また、JAAFが、次世代の競技者強化・育成のために設立した「ダイヤモンドアスリート」にも認定され更に期待される選手となりました。

橋岡優輝の通う大学は?

橋岡優輝選手は、現在、日本大学の4年生(2020.9月時点)

橋岡優輝選手は、日本大学に入学。
ここでもまた、偉大なる指導者につくこととなったんです。


(出典 www.city.itabashi.tokyo.jp)

 

コーチは当時日本記録を持っていた森長正樹

日本大学には、8m25cmの日本記録を持つ、森長正樹コーチがいました
【橋岡優輝選手が入学時】

この写真は、森長正樹コーチと話している様子↓↓↓


(出典 assets.media-platform.com)

森長正樹コーチの指導の元、着実に記録を伸ばして大学1年生、2年生、3年生と日本選手権で3連覇を達成!!

オリンピックの最終選考となるはずだった、2020年の日本選手権は、新型コロナウイルスの影響で延期されてしまいました。

本来、6月に行われるはずだった大会は、10月におこなわれます

【2020年】第104回日本陸上競技選手権大会

開催日
2020年10月1日(木)~3日(土)

会場
新潟・デンカビッグスワンスタジアム

この大会で優勝して、4連覇を達成して欲しいですね!

更に、日本記録更新も期待します!

詳しくはこちら↓↓↓

橋岡優輝(陸上)は日本選手権2020で4連覇達成⁉腹筋がやばかった橋岡優輝(陸上走り幅跳び)選手が、横浜流星さんに似ていてイケメンでかっこよく、しかも大会の時にチラッと見える腹筋がやばいとインスタやTw...

2020.9.20時点の日本記録は、2019年8月17日に、城山正太郎(当時24)が「アスリートナイトゲームズイン福井」で、27年ぶりに更新した記録です。

8m40㎝(追い風1.5メートル)

橋岡優輝のいとこはJリーガー?

そうなんです!

橋岡優輝選手の従妹は、浦和レッズの日本代表DF橋岡大樹選手!
更に、3歳上の大樹の兄の橋岡和樹もアルビレックス新潟シンガポールでプレーしているサッカー選手。

プロサッカー選手の橋岡和樹

生年月日: 1997年1月20日
生まれ: 埼玉県
身長: 175 cm
所属チーム: アルビレックス新潟シンガポール

Jリーガーの橋岡大樹

生年月日: 1999年5月17日
生まれ: 埼玉県
身長:182cm
所属チーム:浦和レッドダイヤモンズ

橋岡大樹選手↓↓↓

(出典 www.football-zone.net)

Jリーガーの橋岡大樹選手と二人揃っての東京オリンピック出場を目指しているようなので、応援したいですね!

橋岡優輝の両親

実は両親が凄かった

父 橋岡利行
棒高跳の元日本記録保持者。
日本選手権で7度の優勝を誇る。

母 橋岡直美(旧姓城島直美)
走幅跳、三段跳、100mHの元中学記録保持者。

橋岡優輝選手は、まさにサラブレッド!

今後の活躍に注目していきたいと思います!

まとめ

いかがでしたか?

橋岡優輝(陸上 走り幅跳び)は、横浜流星似のスポーツマン

という話題性だけではなく、努力して成長し続け、いとこの橋岡一樹・橋岡大樹と切磋琢磨して記録を伸ばして、日本の陸上競技が世界に通用すると証明してくれました!

更に、今後に期待したいものです!