スポーツ

三浦龍司のスパイクのブランドと値段は?記録連発の秘訣とは?

この記事では、【三浦龍司のスパイクのブランドと値段は?記録連発の秘訣とは?】ということで、お届けします!

順天堂大学の一年生、三浦龍司(みうらりゅうじ)選手が、箱根駅伝の予選会では、見事な走りで順天堂大学を一位通過に導き、後日行われた全日本大学駅伝は、予選会の疲れをみせることなく1区を区間新記録でタスキをつなぎ注目を集めています!

さらに、12月4日には、五輪出場を懸けた日本選手権が行われますね!
東京五輪陸上男子3000メートル障害への出場を目指している三浦龍司選手(順天堂大)に注目して応援したいと思っています!

そんな三浦龍司選手は、どんなスパイクのブランドで走っているのか、その値段はいくらぐらいするのか、気になりますよね?

さらに、三浦龍司選手の記録連発の秘訣についても迫っていきたいと思います!

三浦龍司のスパイクのブランドと値段

三浦龍司選手のスパイクは、どこのブランドで、お値段はいくらなのか調べてみました。

まずは、洛南高校時代

ブランドはアシックスのスパイクをはいていますね。

アシックスは、選手の足のサイズを測定しにきてくれて、ソールの好みも調整して、その人のオリジナルのスパイクをつくってくれるとききます。

これはもしかしたら、市販のものではなく、オーダーされたものかもしれません。

 

順天堂大学に入学後

三浦龍司選手のスパイクのブランドはナイキになっていますね。

は、おそらくNIKEエアズームビクトリー

ホクレンディスタンスで使用していたスパイクは

「NIKEエアズームビクトリー」

【このスパイクは800m-5000mのランニングに必要なサポート力と安定性を備えたデザインなんですって!】

値段:19,800円

結構な金額ですが、スパイクなら仕方ないかな~っていうお値段ですね。

 

全日本大学駅伝で使用していたシューズは

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」

値段:42,800円

話題の厚底シューズですね!

金額は4万越えは、かなり高いですね。
これを何足も履きつぶすと考えると、かなりの出費です。
大学一年生には、きついですが、記録のためには、仕方のない選択だったのでしょう。

2020年の箱根駅伝の出場選手の85%近くが、ナイキの厚底シューズをはいていて、話題になりましたよね。

ナイキのヴェイパーフライは、大迫傑選手が、日本新記録を出した2020年の東京マラソンで大迫傑選手が履いていたのもこれでした。

その後、すったもんだがあって、世界陸連が、東京五輪に向けたシューズの基準を発表しましたね。

世界陸連の「2020年4月30日以降の大会で使用可能な靴」の新基準

「大会4か月前に市販されていること」
「靴底の厚さは40mm以下」
「中のプレートは1枚だけ」

当然これをクリアーしたシューズってことですね!

三浦龍司の進路は?出身高校や中学についても調査!この記事では、【三浦龍司の進路は?出身高校や中学校についても調査!】ということで、お届けします! 10月の箱根駅伝の予選会で、マラ...

三浦龍司の記録連発の秘訣とは?

どうして、三浦隆司選手は記録連発できるのか…何か秘訣とかあるんじゃないかと気になります!!

三浦龍司選手は、「東京オリンピックに一番近い男」なんていわれていますが、自己記録はどんどん更新して、日本記録も更新したりしています。どういった要因があったのか、インタビューなどから、推察してみます。

三浦龍司選手は、今年の春から大学生。通常であれば、大学の授業と陸上の練習。ちょっとした大学生活を楽しみにしていたと思います。

でも、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、大学での授業も練習も思うようになかったようです。

実際、4月上旬から5月中旬まで実家の島根県浜田市に戻って1人で練習を重ねていたようです。

その期間は、毎日20Kmの走り込みをして、脚づくりができて長い距離を走る力がついたのは確か。

また、インタビューでそういったコメントはなかったですが、中学校を卒業すると同時に親元をはなれての寮生活。おそらく練習練習で、実家に帰省もなかなかゆっくりできなかった高校三年間。

引き続き、陸上漬けの大学生活が始まると覚悟していたところでの、1が月以上の実家生活は、三浦龍司選手にとってもご両親にとっても、とっても有意義な時間だったのではないかと思います。

そういった、気持ち的にも安心した環境で、自分のペースで走り込みできたことが、彼の成長を後押ししてくれたんだとおもいます。

きっとこれが秘訣じゃあないかな~

まとめ

三浦龍司のスパイクのブランドと値段は?記録連発の秘訣とは?】ということでお届けしました。

三浦龍司のスパイクのブランドは、ナイキ
「NIKEエアズームビクトリー」値段:19,800円
「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」
値段:42,800円

記録連発の秘訣は、コロナ渦で自粛期間に、島根県の浜田市の実家に1か月以上帰省して、走り込みをして長い距離の感覚を掴んだこと。

12月4日の日本選手権では、3000m障害のオリンピック出場をかけた大会が開催されます。東京オリンピック参加標準記録(8分22秒00)を突破して東京オリンピックの切符を獲得してほしいものですね。

箱根駅伝も楽しみです!